令和3年度 Presentation Award 贈賞報告

本学会では、年度内に開催された本会主催の国際会議・ワークショップ、及びそれに準ずる学術講演会における優秀な研究発表を表彰するために Outstanding Presentation Award、Student Presentation Award を設けております。(Student Presentation Award は、2021年4月1日時点での年齢が29歳以下の方が対象。)

 学会賞選考委員会における厳正なる審査に基づき,下記の皆様の受賞が決定いたしましたのでご報告申し上げます。

Outstanding Presentation Award

伊藤建一(新潟工科大学)
数値電磁界解析を用いた磁界方式人体通信の信号伝送特性と生体安全性評価
多次元移動通信網研究会(2020年12月3日)

松岡大祐(海洋研究開発機構)
スタイル変換を用いた外挿的機械学習と台風検出への応用
先進的描画技術を用いた可視化情報の研究会(2020年12月17~18日)

Li Haolun(京都工芸繊維大学)
損傷ポリエチレン一本鎖の構造安定化に関する反応分子動力学シミュレーション
置換トリチウムのヘリウム3への壊変によるDNA構造変化に関する研究会(2021年1月15日)

北村恭子(京都工芸繊維大学)
フォトニック結晶レーザーによるトポロジカル光波の発生
光の軌道角運動量の発生機構と物質相互作用の理解(2021年3月4~5日)

田中覚(立命館大学)
ノイズ透明化による3次元計測点群データ高品質可視化
非線形問題の解法と可視化に関する研究会(2021年3月23~24日)

Student Presentation Award

水谷智一(防衛大学校)
3共振特性を有する広帯域Haloアンテナに関する検討
多次元移動通信網研究会(2020年12月3日)

本登凪(新潟大学)
ロボットを活用した情報フローティングの自立制御に関する検討
多次元移動通信網研究会(2020年12月3日)

Pan Jiao(立命館大学)
マルチデータソースを統合したポイントレンダリングに基づく大規模文化遺跡の可視化
先進的描画技術を用いた可視化情報の研究会(2020年12月17~18日)

藤野航平(同志社大学)
アスコルビン酸およびその誘導体によるDNA二重鎖切断の保護作用:その場観察による定量化
置換トリチウムのヘリウム3への壊変によるDNA構造変化に関する研究会(2021年1月15日)

小寺星来(京都工芸繊維大学)
変調フォトニック結晶レーザーによるベクトルビームの発生 ―初期位相制御と高次トポロジカルチャージの実現―
光の軌道角運動量の発生機構と物質相互作用の理解(2021年3月4~5日)

花岡佑哉(日本大学)
陰関数を用いたopen-cellの発泡金属の形状モデリング及び電磁シールドへの応用
非線形問題の解法と可視化に関する研究会(2021年3月23~24日)