「シミュレーション」 最新号

Vol.38 No.1 (2019年3月)

巻頭言

• 危機意識向上とシミュレーション
 ── 伊東  拓

小特集「平成の30年間とポスト平成のシミュレーション」

• 総括
 ── 内藤  健

• 未来の扉を開くための問いかけ:力と粒子と不確定性の関係性
 ── 内藤  健

• 高速鉄道の地震時の脱線・脱線後を含む走行シミュレーション
 ── 田辺  誠・曽我部正道・渡辺  勉・田辺 泰子

• 平成におけるバーチャルリアティ可視化の変遷
 ── 荒木 文明

• データ同化のこれまでとこれから
 ── 中村 和幸

• 専用計算機の方法による数値シミュレーションに関する
  ハイパフォーマンスコンピューティング技術
 ── 川口 秀樹

• 社会シミュレーション
 ── 古田 一雄

最先端研究

• 量子コンピュータでも解読できない耐量子暗号技術
  -同種写像暗号を中心に-
 ── 高島 克幸

講座

• 第4 回 Deep Learning の未来
 ── 山崎 和博

シミュレーションの世界

• 防御対策のためのインフルエンザの流行シミュレーション
 ── 安田 英典


「日本シミュレーション学会論文誌」 最新号

Vol.10 No.1 (2018年3月)

論文

a. Performance Estimation on ESSOR Preconditioning with Cache-Cache Elements by Threshold
── Norimasa Nakashima and Seiji Fujino

b. A Study on Acceleration of the Simulator for Multi-Class Zone ITS Communication Scheme
── Shotaro Kondo and Takaaki Hasegawa

c. Introduction of Following Behavior and Proposal of Reductive Models for Delay Risk in Urban Evacuation Simulation
── Hiroyuki Tamai, Tatsuya Yamazaki, Yasunori Owada, Goshi Sato and Naoyuki Karasawa

d. Microwave Simulation Based on Iterative Domain Decomposition Method
── Isamu Higashi, Tomonori Yamada and Amane Takei

e. Modeling and Locomotion Control Using SDRE of Snake-like Robot Considering Side-slip
── Fumitoshi Kasahara, Takeru Yanagida, Keichi Onodera and Masami Iwase


Vol.10 No.2 (2018年6月)

論文

a. Evaluation of Effectiveness of Phased Evacuation Strategies with Various Compliance to Evacuation Instructions
── Noriaki Nishikawa, Yuichi Hirokawa, Takeshi Yamada, Junji Innami and Toshiyuki Asano

b. Performance Evaluation of Domain Decomposed Parallel Helmholtz Solver
── Yuya Murakami, Kota Yamamoto, Akihiro Kudo and Amane Takei

c. Performance Evaluation of Domain Decomposed Parallel Helmholtz Solver
── Yuya Murakami, Kota Yamamoto, Akihiro Kudo, Amane Takei


Vol.10 No.3 (2018年9月)

論文

a. Model Based Development Method for Servo Control System of Industrial Machine
── Tetsuaki Nagano, Masaya Harakawa, Masami Iwase, Jun Ishikawa, Hisao Koizumi


Vol.10 No.4 (2019年2月)

論文

a. Model Based Development Large-Scale Acoustic Analysis Based on Time-Domain Parallel Finite Element Method
── Yuya Murakami, Kota Yamamoto, Akihiro Kudo, Amane Takei