第48回安全工学シンポジウム(安全工学シンポジウム2018)
「安全をめぐる知識・知恵の継承」


主 催 日本学術会議

共 催 日本機械学会、他33学協会

会 期 2018年7月4日(水)5日(木)、6日(金)

会 場 日本学術会議

(東京都港区六本木7-22-34)〔交通〕東京メトロ千代田線「乃木坂」駅5出口


【特別講演】

  7月5日(木)12:3013:30(予定)

  「「活かし」そして「つなぐ」実践的安全活動~機械安全の実践と人づくり~」

    古澤 登 氏(安全と人づくりサポート 代表)


【パネルディスカッション】

• リスクベース工学の最前線
 • 産官学の機械安全の取組と事例
 • 安全教育と人材育成について(連携PD)
 • 自動車の自動運転の研究開発の現状と課題


【オーガナイズドセッション】

1. 教育研究機関の環境安全教育
 2. 組織と個人のリスクへのセンス向上手法
 3. 宇宙輸送における次世代推進システム
 4. 電気設備分野の安全・安心技術(仮)
 5. 高齢社会の火災安全と避難計画 -小規模福祉施設を中心として-
 6. エアバッグ安全とリコール
 7. 土木工事の技術的安全性確保・向上の検討
 8. 大規模物流倉庫の火災安全
 9. 老朽・遺棄化学兵器廃棄の安全と環境の保全に向けて
 10. 工学システムの社会安全目標の実用化に向けて
 11. Safety-2: 成功事例を分析する実践的取り組み
 12. 「災害発生時のリスクマネジメント」火災、地震、津波・・・防災と減災、避災を考える
 13. 事故情報と安全対策~事故防止のあり方を考える
 14. 若手技術者への安全・信頼性の伝承について
 15. 機械安全の原点である安全確認型システムから協働システムに



【一般セッション 64題程度】

参加方法: 自由参加。当日直接ご来場下さい。入場無料です。
 講演予稿集: 当日会場で実費頒布します(一般5,000円,学生2,000円)
 懇親会: 7月5日(木)16:30 18:30(予定)
       会費4,000円(予定)


【問合先事務局】

一般社団法人 日本機械学会
 TEL: 03-5360-3505, FAX: 03-5360-3509
 E-mail:anzen2018@gakkai-web.net
 http://www.anzen.org/index.html